オペレーター

人事管理がPOSシステムで効率的に【勤怠管理もこれで簡単になる】

個人で整骨院を開業

個人契約柔道整復師は都道府県の社会保険事務所と個々に契約を結び、療養費の請求も個人で行ないます。社団法人柔道整復師会に所属していると、集団協定で保険が適用され、開業時のバックアップを受けることもできます。

効率的な人事管理システム

相談

出勤や退勤を自動的に記録

POSシステムは、もともとスーパーマーケットなどにおいて商品の売上を管理するためのシステムとして考案されました。しかし現在では多機能化が進み、店舗経営全般に係る管理システムとして利用できるようになっています。たとえば勤怠管理もその1つです。多くの店舗では出退勤の状況をタイムカードの打刻によって記録しています。しかしこれをPOSによって代替することが可能です。記録方法には、いくつかの種類があります。最もシンプルなのは社員番号等を手入力するやり方ですが、カードリーダーを接続して社員カードを通すやり方も普及しています。また、不正行為の防止に特に力を入れているシ勤怠管理ステムでは、顔認証や指紋認証機能を採用しているものもあります。こうした方法によって出勤や退勤、あるいは途中休憩などのたびにPOSレジを操作すると、それぞれの時刻が自動的に収録・管理されます。その後、日次処理や月次処理などを行うことで、一定期間内における店全体の、あるいは従業員ごとの勤怠状況を把握することができるようになります。こうした得られたデータは、パートやアルバイトの採用や人員配置を計画する際の資料として利用できます。もちろん、無断欠勤や不正などのチェックにも使えます。また、この勤怠データは、給与計算にも利用できます。多くのPOSシステムでは、月ごとの集計結果を表計算ソフトにそのまま使えるファイル形式で保存できます。ソフト側からこのファイルを読み込めば、簡単に給与の額を算出することが可能になります。

市内中心部の独立プラン

多くの患者が見込める大阪市中心部で開業するのが、高収益の歯科クリニック経営を実現するためのポイントです。コンサルタントのアドバイスも活用して、自由診療に力を入れて宣伝も積極的に行うのが、経営を軌道に乗せるコツです。

代行でも依頼できる

香港で働くためには就労ビザなどが必要になりますが、会社設立を目指す場合などはビザの取得もさまざまな手続きがいります。そのため、代行業者に依頼して手数料を支払って取得してもらうケースも多くなっています。